因果関係はわからない


人間は、何もパターンのないところにも
無意識のうちに、何かのパターンを見つけようとします。

そして、特に自分にとって大事な問題の場合、
そこに因果関係を当てはめてしまいます。

もちろん、そこには本当に因果関係があるのかもしれませんが、
物理の世界と違って、人間の心理については、
ほとんどの場合、その因果関係を証明するのは困難です。

前回の記事で、取り上げた「バタフライ効果」のように
いろいろなものが複雑に絡み合い影響し合っている状況では、
本当の原因が何なのかは断定できません。

たとえば、○○が原因で○○が起こった、とかいう場合、
それは、錯覚あるいは思い込みに過ぎない場合が多いと思われます。

逆に言えば、因果関係なんかわからないのだから、
どのように思い込むかこそが大事だとも言えるでしょう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント