生まれか育ちか

普通、日本人であれば、日本語を話すわけですが、
しかし、
日本人であっても、
アメリカで生まれ育てば、英語がペラペラになりますし、
日本語に触れる環境がなければ、日本語を話せるようになりません。

このことから考えられることは、
どのような言語を話せるようになるかは、
生まれで(遺伝的に)決まっているのではなく、
どのような環境で育つのかによって決まるということです。


人間は、ものごとを言語で考えますので、
このことは、人のものの考え方とか、
そこからつながる行動パターンや性格にも
あてはまると考えられます。

ということは、
外国語を学ぶことができるように
新しい自分になることもできると言えるでしょう。

もちろん、外国語を学ぶのに
やる気と、学び実践しつづけることが必要なように、
新しい自分になろうと思ったら、
それなりのやる気と、そこへ向かって努力しつづけることが必要ですが。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント