スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情をコントロールする


感情をコントロールする、と言っても、
感情を抑制するのが、感情のコントロールではありません。

さまざまな文脈(環境、状況等)に応じて、
自分にとって望ましい感情を選択できるようになる、
ということです。


心や体の動きは、
神経に電気が流れたり、神経伝達物質が分泌されることで変化します。

それらの反応の多くが、
これまでの人生経験を通じて
パターン化され固定化されています。

たとえば、
「バカ」と言われて、むかつく場合、
それは、むかつきたくてむかついているわけではありません。
「バカ」という言葉に反応して、
自動的に、「むかつく」感情がわき上がっているだけです。

でも、おそらく、赤ちゃんの頃からそうだったわけではないと思います。
これまでの経験を通じて、人生のどこかで、
「バカ」と言われたら(聞こえたら)
「むかつく」という反応を
自動的に引き起こすパターンを、
知らないうちに身につけたのです。

もしそうならば、同じように、
ある刺激(見える、聞こえる、感じられる)に対して
自分が望む感情を引き起こすようなパターンも身につけられるはずです。

ただし、今度は、
意識的に、そういう経験を積み重ねていく必要がありますが。

(つづく)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。