脳は現実と仮想(イメージ)を区別できない


こころと体は、現実の世界に反応しているのではなく、
自分の頭の中の世界に反応しています。

例えば、
過去のうれしかった時の記憶を思い出せば、うれしくなります。
悲しかった時の記憶を思い出せば、悲しくなります。


自分が、どういう場面でどのような気分になるのか、
ということがわかっていれば、その場面をイメージするだけで
その気分になることができます。

ポイントは、
どれくらい、ありありと、その場面をイメージできるかです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント