何かを認識するためには、視点が2つ必要である

お星さまは昼間も空で輝いていますが、見えません。
それは、周りが明るいからです。

夜になって、周りが暗くなると、お星さまが見えるようになります。

これは、夜になって、お星さまが出現したわけではありません。

ただ単に、
もともとそこにあったものが見えるようになっただけです。


このように、何か(お星さま)を認識するには、
それと違うもの(周りの暗さ)が必要になります。

「今の自分」に変化を起こしたいと思っている場合も、
「今の自分」だけを見ていたのでは、変化は起こせません。

「理想の自分」など、もう一つの視点が必要です。

「今の自分」と「理想の自分」を比較することにより、
既に持っている資源(活かせるもの)と
これから身につけるべきもの、がわかります。

特に、既に持っている資源に気づくことが重要です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント