コーチングとティーチングの違い


コーチングの場合、答えはクライアントが持っています。
だから、コーチがすべきことは、
クライアントが自分自身の答えを見つけるのを支援することです。

ティーチングの場合、答えは先生(ティーチャー)が持っています。
生徒に答えを教えるのが先生の役割です。

自分がどちらの立場で、クライアントに関わるのかを
はっきり認識していることは重要です。

コンサルティングやアドバイジングは、
どちらかというとティーチングよりな気がしますが、
コーチングの側面もあるので、
状況に応じて使い分けることが求められるでしょう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント