文脈のリフレーミング


リフレーミングには、文脈(状況)のリフレーミングもあります。

例えば、前回の、コップの水の例で言えば、
コップ一杯の水が必要な文脈では、
半分しかない、ということになりますし、
コップ1/4杯だけ水が必要ならば、
半分もある、ということになります。

ある文脈では、ネガティブにしかとらえられないものごとも
別の文脈では活かせることがあります。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント