地図は土地ではない


人間は、決して、ものごとをありのままに
見て、聞いて、感じることは出来ません。

人間は、意識的に、あるいは無意識のうちに
見るもの、聞くもの、感じるものを選択しています。

そして、そのようにして
見えたもの、聞こえたもの、感じられたものに反応して
感情がわき上がったり、ものを考えたりしています。


人間にとって、
その人が、意識的にせよ無意識的にせよ
見たもの、聞いたもの、感じたものが
その人にとっての現実(世界)です。

だから、
その人の見方、聞き方、感じ方が変われば、
その人にとっての現実(世界)も変わっていきます。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント