スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守・破・離


前回の記事で、
自分で試行錯誤しながら
自分なりのやり方を確立していく必要があります。

と書きました。

しかし、いきなり、最初から自分なりのやり方を確立する、というのは
しんどいでしょう。

その場合は、自分の師匠ともいえる人を決めて、
その人のやり方を真似る、というのが早道です。

ただし、その時、注意すべき点は、
師匠を決めたら、師匠のやり方を全面的に真似ることです。

基本的には、そこに自分の価値観を持ち込んではいけません。
自分にとって都合の良いところだけを取り入れようというのは、
甘い考え方だと思います。

なぜなら、
良いとこも悪いとこも含めた全体のバランスが、
成果につながっているからです。

だから、
まずは、師匠のやり方を全面的に真似て、
ある程度できるようになってから、
自分の価値観を取り入れ、独自のやり方にしていきます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。