第3の観点に立つ


コミュニケーションの達人は、
3つの観点を自由に行き来できると言われています。

3つの観点とは、
自分の観点 と
相手の観点 と
自分と相手のやりとりを観察できる第3の観点です。

なぜ、3つかと言うと、
自分の観点と相手の観点の2つしかなかった場合、
どちらの観点を優先させるべきかという問題に直面すると
そこから先に進めなくなってしまいます。

その時にどうすれば良いかを判断するための観点が、第3の観点です。

第3の観点をどのように定めるかで
コミュニケーションの成果は大きく変わってきます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント