文脈で答えは変わる


コミュニケーションに関して、
なんたら理論とかたくさんありますが、
どれも間違いではないにしても
100%正しいなんてことはあり得ません。

文脈(状況、場面等)によって、答えは変わります。

ある文脈で正しいことも、別の文脈では間違いになります。

例えば、セールスの場面で、
一般消費者向けの商品など、商品に詳しくないお客さんを相手にする場合、
営業マンに求められるのは、論理的な商品説明よりも、
この人からなら買っても大丈夫という安心感かもしれません。

このようなケースでは、論理的にペラペラ話せるよりも、
トツトツとでも誠実さが表れた話し方をする方が良いかもしれません。

一方、例えば、医師に対する医療機器や薬の営業の場合のように、
お客さんが製品の用途について詳しい知識があり、
その結果が重大な影響をもたらすような場合、
正確かつ論理的なプレゼンテーションが求められるでしょう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント