パフォーマンスを阻害する要因


パフォーマンスを阻害する要因として
内部対話と中心視野 があります。

内部対話というのは、独り言とか、自分自身との対話のことです。

内部対話が起こっているとき、注意は、自分の内部に向かっています。
そのため、自分の外で起こっていることに対する観察が
おろそかになってしまいます。

それゆえ、状況の変化に対応できなくなります。

例えば、コミュニケーションの場合ですと、
頭の中で余計なことを考えていて、
相手の言っていることが耳に入ってこなかったり、
重要なボディランゲージを見逃したりということが起こります。


そして、中心視野とは、
焦点が特定の対象にフォーカスされていることです。
その問題点は、
焦点が当たっているもの以外は盲点になってしまうことです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント