スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周辺視野


周辺視野とは、
全体をパッと一瞬で見取れることと言えます。

では、どうすればそんなことが可能なのでしょうか?

そのための方法(考え方)は差違に気づくことです。

全体を見ようとしても、全体を見ることはできません。
「○○しよう」とするのは、意識の働きですが、
意識は一度にたくさんの情報を処理できませんので、
無意識に任せる必要があります。

その差違が一瞬で検知できるためには、
自分が見たいもの/聞きたいもの/感じたいものを
無意識レベルに落とし込んでおく必要があります。

意識的に見つけようとしても、それでは遅いです。
探している間に状況は変化してしまっています。

そして、もちろん、それがハイレベルで実践できるためには
大量の訓練が必要です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。