結局、認知も感情も肉体的反応ではないか


前回の記事で、
認知・感情・肉体的反応の中で、
短期的に最も意識的に制御しやすいのは肉体的反応でしょう。

と書きましたが、
実際のところ、
認知も感情も肉体あってのものですから
認知も感情も肉体的反応と言って良いのではないかと思います。

結局は、認知も感情も神経ネットワークの発火パターンと
神経伝達物質の作用によるものです。

その観点でも、自分を変化させたい場合は、
やはり、呼吸や姿勢や動作を変えるという
肉体へのアプローチが最も有効だと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント