考えるな、感じろ


考えるな、感じろ

これは、カンフー映画「燃えよドラゴン」の中で
ブルース・リーが発した有名な言葉です。

体は、何かを感じれば、無意識のうちに反応します。

武術において、考えて、意識的に反応したのでは、遅すぎます。
相手の動きに反応(あるいは同期)できません。


さらには、おそらく、
頭でものを考えている時、感性は鈍っています。
一方、
体でものごとを感じている時、思考は止まっています。

よくカウンセリングなんかで、
クライアントに寄り添うことが大事と言われますが、
おそらく、「寄り添おう」と思ったら寄り添えません。
「寄り添おう」と思うのではなく、
クライアントと同じものを見て、同じものを聞いて、
同じ姿勢や同じ動きをすることが、
クライアントの内的世界に同調することにつながり、
本当の意味で寄り添うことになるでしょう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント