メタファー(2)


人間には、なかなか言葉で表せないものがたくさんあります。
というか、真面目に考え出したら
言葉で表せるものなんて、ごく一部しかないと思います。

たとえば、ある状況における自分の心境や行動を説明するためには、
どれほど言葉を尽くしても絶対に説明できません。

自分が説明した気になっても、
絶対にその通りには相手に伝わっていません。

特に、抽象的な言葉を使うと
ますます相手の主観的な(勝手な)解釈を招くという結果になります。

こういう場合、なるべく誤解を招かないようにするためには、
話の内容を、相手が具体的に見え/聞こえ/感じられる形にする必要があります。

そこで、メタファーを用いることが有効になります。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント