コミュニケーションは正確であるより適当な方が良い場合もある


「偶然の科学」(ダンカン・ワッツ箸)から引用

心理学者はさまざまな実験をおこない、単純な説明の方が
複雑な説明よりも正しいと判断されることを明らかにしている。
それは単純な説明のほうが多くを説明しているからではなく、
ただ単純だからという理由による。


<教訓>
 正確に伝えようとするよりも、
 適当でも、相手があまり考えないですむように
 単純化して伝える方が、相手に受け入れられる。

これは、サラリーマン時代の、
さまざまな上司への報告の仕方から
経験的に学んだ教訓です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント